【お急ぎ下さい!】保育士の異業種への転職チャンスは十分にある話

異業種への転職

保育士など、「保育の仕事を一旦辞めて違う仕事をしてみたい」と思っている方で、

「スキル、経験がない」

と心配される方が多いです。

「パソコンスキルもないし、企業で働いた経験もない」と思うと不安ですよね。

本日は、ノースキル、未経験でも転職を成功させるためにはどうしたらよいかを記事で解説していきます。

転職で、若手に求められることとは?

企業は若手に、すぐにベテラン社員並みの仕事を要求することはありません。

仕事におけるスキルよりも、基本的なビジネスマナーや対人スキルがあるかの方が重要視されます。

  • 企業の理念を理解し、実践していける人材か
  • 素直さがあるか
  • 仕事を最後までやり遂げることができるか
  • 十分な体力があるか
  • 仕事のストレスに耐えられるか
  • 挨拶や基本的なビジネスマナーが身についているか

このような条件を満たしている方でしたら、歓迎する企業は多くあります。

自信のない方でも、ご自身の努力で改善できることです。

実際、最近まで学生だった新卒よりも、1回は社会に出ている第二新卒の方が企業としても助かる面があります。

転職エージェントを活用しよう

第二新卒の転職に欠かせないのが転職エージェントです。

保育関係の職場のように「資格を持っていればほぼ誰でも歓迎!」というわけではなく、しっかりと自分の強みをアピールし、採用したいと思ってもらわないといけません。

自己分析履歴書職務経歴書の書き方や、面接対策など、万全の準備をして望む必要があります。

そこで転職のプロである転職エージェントを最大限活用しましょう。

また、転職エージェントは求人情報を多数保持しており、求職者が提示する条件はもちろん、豊富な求人の中から、第三者から見て適していそうな求人を紹介してくれるという利点があります。

第二新卒の転職におすすめのエージェント

リクナビNEXT

求人数が豊富であり、様々な地域、職種の求人情報を保持しています。

希望の職種や自分のデータを登録しておくと、企業からオファーが届く「スカウト登録」制度があります。「自分にどのような職種が適しているか分からない…」という方におすすめです。

また、登録すると、「グットポイント診断」という自分の強みを見つける診断を無料で受けることができます。

グッドポイント診断について知りたい方はこちら

【保育士の異業種転職】保育者に限らず、本当に向いている仕事を知ろう
保育のお仕事をしている方で、 「自分は本当にこの仕事に向いているのか」 と考えたことはありませんか。 誰にでも得意・不得意があり、適正も様々です。 しかし、それはなかなか自分では気づきにくいものであることも確かです。...

登録しても、しつこい電話やいきなり電話をかけてくるということはありません。

転職サイトのパイオニアであるリクルート社のエージェントは、親身になってサポートしてくれると好評です。

転職がはじめての方に特におすすめの転職エージェントです。

リクナビNEXT 公式サイトはこちらから

あれこれ考えすぎたり、心配する必要はありません

「スキル、経験がない」と心配して何も行動を起こさないでいるよりは、思い切って転職活動を始めてしまったほうがよい就職先が見つかるかもしれません。

素直であることや、挨拶や笑顔、仕事で関わる人に対しての接し方などの方が重要です。

それさえ人並みにできていれば、ご自身の就活に向けての努力次第で、就職先は見つかる可能性が高いでしょう。

新人さんには優しくしてくれる企業もたくさんあります。

保育士さんは特に入ったときからベテラン職員と同じレベルの仕事を要求されることが多いですが、新人さんには優しい企業が多いので、その違いに驚く人もいるようです。

さいごに・・・

いかがでしたか。

異業種への転職は、素直さや誠実さ、仕事に取り組む姿勢などの人間力があればチャンスは十分にあるといえます。

貴重なチャンスを逃さないように、はじめの一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

ぜひ、理想の職場を見つけて転職しましょう!

 

あなたが良い転職ができることをお祈りしています。

 

ーおわりー

この記事を書いた人
Kana

保育の仕事をして生活しています。
社会学系四大卒→学童保育指導員→オーストラリアにワーキングホリデー(2年間) 日常英会話を習得→株式営業の保育所→学童保育に復帰→試験を受け保育士資格を取得→大規模保育園の担任→海外の日本人幼稚園に就職/
好きなことを好きなだけやって生きています。「たのしい」と思う気持ちが最優先です♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました